クリニック受診(前周期 D3)

昨日、クリニックを受診してきました。

まずは血液検査。
LH-RHテストというもので、一度採血したあと
LH-RHを注射して、30分後に再度採血します。

その結果から、排卵障害の部位が分かるとのことです。
この結果は次回になります。

採血の間に内診。
問題はなかったもよう。

そして採血後に診察。
前回と同じ先生だったので、ちょっと安心
(ここは主治医は決まっていないので)
前回の血液検査や子宮頚がんの結果は異常なし

いよいよD5からジュリナという薬を飲み、
排卵を抑えて卵の大きさを揃えます。
このまま行くと、採卵予定日ぐらいに夫の出張が重なることを伝えると、
通常3週間飲むところを、4週間飲んでずらせるとのこと。
精子を凍結することもできるのですが、そうなると顕微受精のみになるし
いろいろお金もかかるわけで・・・・
まあ1週間遅れるぐらいならいいかと、ずらすことにしました。

最短で、3月31日あたりが採卵になる予定とのこと。

この先生は、「何か聞いておきたいことありますか?」と聞いてくれるので、
いろいろ質問がしやすいです。

というわけで、
「もし卵がたくさん採れた場合、移植は続けてした方がいいのか?」と聞いてみると
「続けてやっても、休みを入れても妊娠率には変わりがありません。
早く結果を出すために、続けて移植することを勧めますが。」とのこと。

休ませたところで、身体的にはあまり意味がない様子。

う~~~ん、5月あたりに短期の仕事の予定があり、
最初は1周期休みにしよう!と思っていたのですが
だんだんもったいない気持ちになってきました・・・。

でも予定はずれるだろうし、何を基準にどう判断したらいいものやら。
薬の副作用もどうでるか未知の世界だし・・・。

今は治療優先、なんだけど、
そればっかりに専念してると、心がもたないような気がしています。