ホルモン値 改善

妊娠に向けて一通りの検査をする中で
黄体ホルモン(プロゲステロン)の値が少し低めでした。

この場合、黄体機能不全が疑われ
治療の対象ともなり得ます。


ただ薬は極力使いたくないことと、
血液検査をした日が高温期4日目であったことから
(通常は6~7日目にするらしい)
再度検査をしてもらいました。


結果は、問題なし!


この周期は高温期がいつもより短めだったので
やっぱり黄体機能不全なのかとも思っていたのですが
この値なら多少短くても問題ないでしょうとのこと。


検査のタイミングもよかったのかもしれませんが、
鍼のおかげかなとも思っています。


うつの真っ只中のときは基礎体温もつけられませんでしたが
休職してからつけ始めたときは
高温期も低温期もわからないぐらいがたがたでした。

それが少しずつ高温期らしきものがわかるようになり、
そして高温期、低温期の中でのがたつきも少なくなってきました。

体は正直に反応するものだなあと思います。


婦人科の先生も、私の意思を尊重してくれて
しばらくは自然でいってみましょう、と。

自分の体が持つ力を信じたいと思います。