振り返って

娘ももうすぐ5ヶ月、すくすくと成長中です。
いろいろ大変なこともあるけれど、楽しみが大きいし、
何よりもとても愛おしいです

娘の顔を見ていると、うつ病になっていたとき、
死を選ばなくて本当によかったなと思います。

今でも、当時のことを思い出すこともあるし、
そうすると複雑な気持ちになることもあるけれど、
何よりも生きていてよかったと思えます。
そうでないと、娘には出逢えなかったのですから。

命の誕生には多くの奇跡が積み重なっていることを実感したので、
その命は大切にしなければいけないんだということを
今更ながらに感じています。


うつ病になっていなければ、おそらく仕事を続けていただろうし
そうすれば子どもを持つことを諦めていただろうと思います。
だから、うつ病になったからこそ、娘に出逢えた。
そう思うと、うつ病になってよかった、と言えるのかもしれません。

辛い経験ではあったけれど、生き方そのものを考え直す機会でもありました。
仕事をしているときは、出産・育児を「しなければいけない」女性は、「損だな」とも
思っていました。

でも今では、出産・育児は女性の「特権」だと思えます。
胎動を感じることができるのも、母乳をあげることができるのも、
男性には絶対にできないこと。(当たり前のことなんですが・・・)
そして、出産・育児を通して、しなやかな強さを身につけていけるのだろうと感じます。

娘に出逢えたことに、心から感謝



出産後のバセドウ病

出産してから早くも5ヶ月が経とうとしています。

3ヶ月ぐらいの時、バセドウ病の血液検査を受けました。
出産後に再発することもあるということで。

結果は、数値も基準値内で、再発ナシでした。
よかった~。

ただ、これからも定期的に血液検査を受けていきます。


ステロイドパルス治療をしてから6年、
目の後遺症?(まぶたのつり上がり)は変わらずです。
一時は手術も考えましたが・・・、
 見た目だけの問題だし、
 必ずしも満足する結果になるとは限らないし、
 今や育児に追われて手術する時間もないし、
諦めました。(←いい意味で)