採卵日決定 D14

今日の診察は、初めて院長先生でした
「院長先生は緊張するよ~」と聞いたことがあったのですが、
やはり私もちょっと緊張

これまでの経緯をじ~っと見て・・・
「採卵は4月2日に決定ね」
とのこと。

今日の血液検査の結果は
 E2 10290
 LH 3.0

卵胞は
 右 10(うち採卵可能4個)
 左  9(うち採卵可能6個)

 ↑どっちが何個かはうる覚えなんだけれど
   合計10個は確かです

E2が10000を越えているのでOHSSの心配はないのかを聞いてみたら
「採れる卵は10個ぐらいだし、問題ありません」
とのこと。
もともと卵巣の反応が悪いから(AMH値と年齢から)
このぐらいあった方がいいらしい。
(というかこのぐらいでないと、だめらしい・・・)

若いとOHSSになる数値らしいし、
他の病院ではびっくりされる数値らしいけれど
(そう、ネットで調べたらあり得ない数値だったし)
先生の経験からこういう判断をされているそうです。

で、当然のごとく、新鮮胚移植はなく、全凍結となりました。


そういえば、説明会後に院長先生に質問したとき、
「あなたの場合は、ショート法で、凍結後に移植だね」
と言われていたのですが、
E2の値をここまで上げることを前提としていたからなんでしょうね。

注射はずっとテイゾー300だったのですが、
「明日は150にしましょう」と笑顔で言われました
なぜ、笑顔だったんでしょう・・・


次は採卵日かと思いきや、
明日採血と注射が必要とのこと

明日の夜のHCG注射は自己注射なのですが
これは痛いらしい

しかも前日(日曜日)に飲む抗生物質(ジスロマック錠)は
下痢とか胃の不快感とかの副作用がつらいらしい

ああ・・・採卵に向けてのハードルは高いですねえ